制作の流れ

着物のお手入れ:丸洗いの工程

※丸洗いでは落ちない古い汚れや色ヤケ直しに関しては、別途料金がかかります。(見積もり無料)

検品
しみ抜き処理
しみ抜き処理
シミは大きく分けて水溶性のシミと油性のシミとそれが混ざったシミがありますので、それぞれのシミに応じた染み抜きをしなければいけません。熟練の職人が確かな判断のもと丸洗いの前に下洗いでしみ抜き処理をします。
(着物リメイク清新では、しみ抜き処理を含む「安心定額料金」をお勧めします)
丸洗い加工
一般的に汚れは、水洗いで落としますが、絹の着物は縮みますので、縮まないよう溶剤を使用して全体を丸洗いします。
乾燥
生地にダメージを与えないように乾燥します。
プレス
検品後、最後はプレスし着物たとう紙に入れます。
納品
丸洗いの工程は完了です。

たんすの活用法:雛人形造りの工程

タンスに眠っている手持ちの袋帯で、あなた様だけのお雛様に生まれ変わります。(製作期間は約2か月半)

お預かり
袋帯1本をお預かりします。
プレス

立雛か座り雛かどちらかを決めていただきます。

  • 座り雛の場合
  • 立雛の場合
プレス
お預かりの帯を男雛、女雛どちらの衣装の1枚目に使用するか、確認します。
プレス

製作開始(約2か月半~3か月)

  1. 1.人形胴体の制作
  2. 2.人形の衣装を製作
  3. 3.着せつけ
  4. 4.頭部に顔を作る
プレス
お預かりの帯地の残り帯地でミニ几帳を作り、桐箱に入れて完成。
プレス
雛人形造りの工程は完了です。

お電話でのお問い合わせ

TEL 075-723-3268

受付時間 9:00~18:00(日祝 休み)


「古物商許可証」取得
京都府公安委員会許可第611082030014号

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ/お申し込み

  • 清新 facebook
  • 加賀友禅美術工芸
f